カードローンとクレジットカードでキャッシングならおトクなのはどっち?

過払い金請求が隆盛を誇った時代も徐々に過ぎていき、大打撃を受けた金融業界では、一度失ってしまった顧客と資産を取り戻す為に、様々な特典を備えた金融商品を展開する事によって金融業界を盛り上げています。

一般の方が、金融機関から借り入れをする場合、カードローンとキャッシングという方法があります。三井住友銀行カードローンは主に消費者金融や銀行から融資を受ける事を指し、キャッシングはクレジットカードでお金を借りる事を言います。

一昔前は、明確な違いがありましたが、最近はキャッシングもリボ払いという回数返済が一般的になりつつありますので、それほど違いはありません。そこでカードローンとキャッシングではどちらがおトクか利用者は考えなければなりません。

結論から言うと、カードローンの方がおトクです。どちらの場合でも、融資を受けるという事は金利が発生しますので、返済の時には元金と共に金利分を支払わなければなりません。そこで気になり金利の高さですが、幅はあるものの、カードローンの方が低金利です。借り入れ総額にもよりますが、特に銀行系のカードローンであれば高くても15%の金利が上限となる場合が多く、借り入れ金額によっては7%程度の金利で融資を受ける事も可能です。

一方、クレジットカードによるキャッシングは、ほとんどの場合、法定金利上限の18%の場合が非常に多いので、カードローンと比較すると金額によっては10%の違いが出てきます。

モビットのカードが使えなくなった

モビットは口コミなどでも評判のよい消費者金融で、インターネット上ですべてがおこなえる「WEB完結申込」は勤務先への連絡なしということから高評価のキャッシング会社です。

モビットと契約を済ませ、キャッシングを続けていると突然カードが使えなくなったということあるようです。
口コミではコールセンターに電話を入れて使えなくなった理由を尋ねてみたけれど答えてもらえなかったという書き込みがありました。

インターネット上ではこういった疑問に対する答えを見つけられます。
まず、返済途中で遅延を起こしているというのが理由のひとつで、1度や2度返済が遅れてもきちんと返済すれば問題ありませんが、それが度重なると利用停止になることがあるようです。

モビットなど消費者金融機関は2,3カ月に一度は信用情報機関の個人情報をチェックしていますので、初回申込時に記入した内容にウソがあった場合、その時はお金が借りられますがチェックによってウソが発覚したときも利用停止の対象になります。
申込み当時はモビットだけだったのが複数社への借入をしてしまい、融資限度額が年収の3分の1をこえてしまったと言う場合や、借入件数が規定の件数を超えている場合も同様です。

またこれらに該当しない場合は、、モビットの事情に寄ることもあります。
どういった事情かはわかりませんが、優良顧客としてモビットに認められることで利用停止になることはありませんので、自分で努力できるところは努力するということも重要です。
モビット即日融資申し込み方法ポイントまとめ【条件・時間】はこちら

消費者金融でお金を借りる際にかかる利息

市消費者金融でお金を借りるという場合、返す時には借りた金額に利息を加えて返す必要があります。消費者金融でお金を借りる時にかかる利息については、消費者金融によって多少の違いはありますが、例えば10万円を借りたという場合には、それを1ヶ月後に一括で返済することが出来た場合には、年利18%が適用されることが多いため、この値で計算をしてみると、約1500円余分に返済をしなくてはならないという事になります。この金額について、高いと感じるか、やすいと感じるかは人それぞれの価値観によりますが、意外と少ないと感じた人も多いのではないでしょうか。
消費者金融でお金を借りるというと、高額の利息を請求されるというイメージがある人も多いようですが、実際には使い方さえ間違えなければ、それほど怖いものではありません。また、最近では一定の条件を満たすことが出来れば、借りた金額のみを返済すれば良いというサービスを行っているところもあります。返済時の負担を軽減することが出来ますので、条件に当てはまるという場合には、利用してみても良いかもしれません。
お金を借りるという事に対してネガティブなイメージを持つ人は非常に多いようですが、お金を借りるという行為は決して悪いことではありません。将来的にしっかりと返済することが出来るということであり、お金を工面することでチャンスを得ることが出来るという場合には、消費者金融口コミを利用しても良いでしょう。

ソニー銀行カードローンの審査基準について

ソニー銀行カードローンは、ソニー銀行が提供しているカードローンサービスです。特徴は、インターネットで申し込みをする点と、利率が低い点です。すでにソニー銀行の口座を所有している人もそうではない人も、同じフォームから申し込みをします。ただし、すでに口座を持っている方は、手続が一部省略されるためスムーズに申し込みをすることができます。利率は、2.5パーセントから13.8パーセントと、カードローンサービス全体と比べても低金利の部類に入ります。
ソニー銀行カードローンは、銀行系のカードローンとなるため、審査を行うのは保証会社になります。保証会社となっているのは、消費者金融業者のアコムです。注意点としては、アコムがカードローンを提供する際に用いているのとは別の基準で審査をしている点です。カードローンの審査は、金利が低いほど厳しくなる傾向にあります。具体的にどのような基準を用いているかは外部に公表しているわけではないのでわかりませんが、消費者金融の方では通っても銀行では通らないという人は多いです。したがって、厳しめだと推測することができます。
ちなみに、すでにソニー銀行カードローン以外の、アコムが保証をしている業者を利用していても、申し込みは特に制限されません。信用金庫の場合は、同じ保証会社の利用は1社までとする制限をしていることもありますが、ソニー銀行では制限をしていないので、すでにアコムなどを利用していても申込自体はすることができます。